十字の剣(けん)に丸い玉。大正時代に日本で形作られた伝統玩具「けん玉」が、欧米で「格好いいスポーツ」として発展、インターネットの投稿動画を通じて拡散した。「KENDAMA」は逆輸入され、国内でも楽しむ人が増えている。(日野稚子)  ◆欧米勢がリード  今月中旬、東京・新宿で開かれた、けん玉イベント。海外のKENDAMAプロら著名なプレーヤー10人が参加、けん玉を高々と投げ上げて前後左右にステップを踏むなど、独創的なプレースタイルで観客を魅了した。  「今時のけん玉はすごい。外国の人も上手で、見るだけでいい刺激になる」。会場を通りかかった女性(79)が目を輝かせた。イベントは、小田急百貨店新宿店が国内外のけん玉約100種をそろえた期間限定販売の一環として主催。20~40代男女や親子連れが集まった。  決められた技の完成度を競うのが主流の日本の競技種目と異なり、独自の技を次々と繰り出し、パフォーマンスとして披露するスタイル。プレー場所は若者が集まるストリート。けん玉は今や欧米の若者には「クールな(格好いい)スポーツ」だ。  「米国やデンマークなどで、(けん玉を空中に投げて回転させる)投げ技などがしやすいけん玉が作られ、世界をリードしている」。海外製けん玉の輸入を手がける「グローバルけん玉ネットワーク」(長野県松本市)の広報、日向由華さんは指摘する。  日向さんによると、欧米に広まったのは、数年前に北海道を訪れた米国人スキーヤーがけん玉を持ち帰ったのがきっかけだ。「仲間の一人が格好よく技を決める映像を動画投稿サイトに出し、スノーボードやスケートボード、(自転車競技の)BMXなどのプレーヤーたちに拡散した」  ◆製造追いつかず  KENDAMAの投稿動画は日本の若者も魅了。「フリースタイル」「エクストリームけん玉」として逆輸入された。20代、30代の男性がブームを牽引(けんいん)するが、誰もが見られる投稿動画の波及力は世代の壁を越える。  都内の小学2年、村上拓くん(7)も魅了された一人。母親の佳代さん(41)は「上達法を探して動画検索中にフリースタイルを知った。運動には関心を示さない子だが、けん玉イベントには行きたがる」と笑う。  東京・秋葉原のヨーヨー専門店「スピンギア」では国内外の10ブランド計100種以上のけん玉を取り扱い、月に1度、交流会を主催する。流行アイテムとして取り組む若者のほか、「集中力や体力養成になる」と数十年ぶりにけん玉界に復帰した人もいる。  けん玉の伝承・普及に取り組む公益社団法人「日本けん玉協会」(東京都千代田区)へは、イベントなどで技を披露するプレーヤーの紹介を求める連絡が相次いでいる。同協会認定の競技用けん玉はスーパーなどから新規取り扱い希望が殺到、国内3社の製造は追いつかない。  海外発のブームに、専務理事の堤早知子さんは「海外からの逆流入で国内の裾野が拡大した。外国人も協会の段位を取るなど敬意を示してくれる。国境や世代を超えて人をつなぐ力もあるけん玉の奥深い魅力を知って楽しんでほしい」と、情報発信や学びの場の充実などを目指している。 吉田かばん カバン ブランド 吉田カバン スーツケース ブランド クレドラン ブッテロ メンズ バッグ ブランド tough